江東区と墨田区の新築一戸建て、不動産情報なら地域密着の深川不動産へ

お問い合わせ

2019.12.22
東京23区の単身者、約4割が首都圏外から住み替え

同調査は、首都圏エリアの約4.5万戸の賃貸マンションの内、約40%を占める東京23区の単身者タイプ(1R・1K・1DK)の入居者(2019年6月時点)を対象に、「前住居エリア」「年代・性別」などの属性を分析したもの。

それによると、入居者の前住居エリアは、首都圏だった入居者は全体の約6割(62.3%)で、大阪など首都圏以外は約4割(37.7%)だった。また、首都圏以外では法人契約の比率も高いことが分かった。

年代別で男女別の構成状況をみると、男性は30代までの若年層で約63%、40代以上層で約37%。一方女性では30代までの若年層が約84%と大半を占め、40代以上層は約16%と少ない。

東京23区を「都心」「城東」「城北」「城西」「城南」の5エリアに分類してみると、各エリアにおいて、前住居地は現住居地と同一のエリアが20%前後と最も高く、特に「都心」では約26%の方が同一エリア内で住み替えを行っていることが分かった。

さらに、「城東」は千葉県、「城北」は埼玉県、「城西」は都下、「城南」は神奈川県といった隣接エリアから住み替える傾向があり、「城東」「城南」は、法人契約で大阪府からの住み替えが多くみられる。